冬のあとの山林   

2013年 05月 27日


今年の雪は山主には大変な痛手です。

谷向の山林も杉の木がことごとく根ごと滑り落ち、地肌が露わになっています。
雪にも強い育林が必要です。

d0250557_2047144.jpg


根っこの土壌を安定させる必要があります。
間伐は勿論のこと、雑木が生える位に間伐を行う必要がありそうです。
根回り、幹の太さに不相応な”のっぽ”にしない工夫も必要です。

d0250557_20465560.jpg



http://www.yoshioka-shihou.com/
[PR]

# by shinrinsanrin | 2013-05-27 20:47

雪害対策   

2013年 03月 04日

樹木間の間隔を大胆なほどに開ける。

杉やヒノキの人工林の足元の土をしっかり固める灌木を育てる。

幹をしっかり太らせる。

d0250557_20361064.jpg




http://www.yoshioka-shihou.com/
[PR]

# by shinrinsanrin | 2013-03-04 20:37

根っこからひっくり返った立木   

2013年 03月 04日

急な斜面に張り付いた針葉樹の根の張り出し面積は、垂直に落とすと意外と狭い。

谷沿いは土の層の幅が少ないにもかかわらず水分を多く含んでいる。
そこに雨が降ると樹木の根っこの土は一層軟らかくなり、立木はしっかり踏ん張りきれない。

d0250557_20335782.jpg


このため水分を多く含んだ春先の雪の重さに耐えきれず、立木が根っこからひっくり返ってしまうことがあるのだ。


http://www.yoshioka-shihou.com/
[PR]

# by shinrinsanrin | 2013-03-04 20:35

春先の雪   

2013年 02月 19日

春先の雪は樹木に大変な被害をもたらすことがある。
この冬の雪もそうだ。

d0250557_21523546.jpg


雨から雪に変わり、水分を多く含んだ雪が木々の枝にどっかりと積もる。
その重さに耐えかねて曲がってしまう木、あるいは折れてしまう木。

d0250557_21524923.jpg


日当たりの関係もあってか、どうしても樹幹の割に樹高が伸びる。
谷沿いの間伐された人工林ほど雪による被害が大きい。



http://www.yoshioka-shihou.com/
[PR]

# by shinrinsanrin | 2013-02-19 21:54

冬の近づき   

2012年 11月 20日

田舎の山は、紅葉も終わりかけです。

d0250557_19112093.jpg


樹令50年以上の太い杉ですが、腐りが入っていました。
何度もこの木を見てきたはずなのに、どうして気がつかなかったのでしょう。

d0250557_19114454.jpg


この木は枯らすことにしました。
100年生の樹木の育つ森を作るため、良い木だけを残そうと思っています。



ノコギリを使い、ナタを振るい、心地よく疲れた身体を休めようと地面に腰を下ろすと、木々の間を通る風の音と、足下を流れる谷川の水音だけ。ああ、思い切って山に来てよかったと思うひと時です。
d0250557_19121085.jpg




http://www.yoshioka-shihou.com/
[PR]

# by shinrinsanrin | 2012-11-20 19:13